BLOGしょう先生のブログ

矯正治療にかかる期間について

おはようございます。今日はみなさんからよくあるご質問について、私なりの表現でお答えしてみたいと思います。

どのぐらいかかりますか?

矯正相談でよく聞かれることの1つに「どのぐらいかかりますか?」という質問があります。

実は、このご質問にうまく答えるのはとても難しいことなんです。

一般的にどのぐらい、という予想はお答えできるのですが、その期間で終わる保証ができません。

何に例えると分かりやすいか考えていたのですが、マラソンに例えると近いかもしれません。

マラソンに似ている…かも

プロのマラソンランナーに「いつもどのぐらいでフルマラソン走れますか?」とインタビューしたら、おそらく自分の標準タイムを答えるでしょう。

ただ、大会日の体調によって、早かったり遅かったりするので、必ずそのタイムで走れるわけではないと思いながら、答えているはずです。

そしてマラソン当日。

実際に走ってみたら、すごく順調で、普段よりかなり早いペース!!先頭集団にしっかりくらいつき、もしかしたら金メダルも狙えるというペースで折り返し地点を通過します。

ところが、30kmを超えて急に失速。金メダルも獲れる位置で優勝争いをしていたのに、突然崩れて、メダルどころか、入賞圏内にも入らないタイムでゴール。

こんなことがマラソンではありますよね。

矯正治療でも同様のことが起こり得ます。

矯正治療を始める前に、4年ぐらいで終わるかな?と思っていた治療がずっと順調で、もしかしたら3年で終わるかも?というペースで折り返し地点に到着します。

しかし、ある時から歯の動きが悪くなり、当初予定していた4年どころか、5年経ってもまだ終わらず…結局6年かかってようやくゴール!

なんてこともあります。

歯の動きは不規則です

マラソンと矯正治療どちらにも共通するのは、一定のペースで進むものではないこと。本人たちも予測できない事態に突然陥るということです。

ですので、私は、どのぐらいかかりますか?という質問にはかなり過敏に反応します。嘘をつきたくないと思うからです。

患者様が治療期間を知りたいお気持ちも分かりますので、出来る限りお答えするよう努めておりますが、なかなか期間が読めないということも、ご理解いただけますと嬉しいです。

Share

CATEGORY

ARCHIVE