BLOGしょう先生のブログ

第17回【見える化大事】歯磨きのワンランクアップテクニック【矯正コラム】

おはようございます。今日もお越しくださり、ありがとうございます。みなさんは、歯の染め出しって知ってますか?今日は染め出しについての記事です。

【ご注意】本日の記事の中に、お口の中をアップにした写真が出てきます。私たちは見慣れている写真で、特に気持ち悪いものではないのですが、苦手な方は下へのスクロールはお控えいただきますよう、お願いいたします。

 

 

染め出しって知っていますか?

歯磨きが完璧にできているかを知ることって、意外と難しいんです。

私たち歯科医師が患者様のお口の中を見ても、きれいに磨けている!と思ったのに、実は磨くことができていなかったということもあります。

どうやって磨けているかを判断するかと言いますと、「染め出し液」を使います。

 

 

実際に染めると、こんな感じ

歯科医院で染め出し液を使って、歯に色を付けた後、うがいをしてもらいます。

そして、鏡を見てもらうと…

わお。紫色に染まっていますね。

今回は前歯だけを色付けしたので、奥歯は色が白いままです。

こうやってみると、どこが磨けていて、どこが磨けていないかが一目瞭然です。

 

色のついたところを、鏡を見ながら汚れを落としていきます。

すると…

なんということでしょう。

あの、紫に染まった歯の色が、白く健康な輝きを取り戻しました。

こうやって実際に汚れを見てもらうことで、自分で汚れを取る技術を身に着けてもらっています。

 

ちなみに、この写真は本当に本人が歯磨きをしただけです。

私たちが機械を使ってきれいに汚れを取ったわけではありません。

きちんと歯磨きをすれば、こうやってきれいになるんですね。

 

 

お家でもできます

この染め出しは、市販の染め出し液や歯科医院にて販売されている染め出し液を使って、ご家庭でも行うことができます。

お家でする場合は、注意点が1つあります。

それは、お洋服などにつかないようにすること。

染色液はなかなか汚れが取れにくいので、うがいを雑にするとお洋服についてしまうことがあります。

念のため汚れても良いシャツやパジャマを着て歯磨きをするようにしましょう。

 

 

毎日染め出しは大変

染め出しの有効性は見ていただきましたが、毎日毎日染め出しをするのは大変です。

そこでおすすめなのが、週に1回、金曜日の夜に染め出すことです。

別に金曜日でなくても良いのですが、週に1回でも習慣として行えば、歯の健康をうんと高めることができます。

ぜひ、お試しください!

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました!!

Share

CATEGORY

ARCHIVE