BLOGしょう先生のブログ

第25回【あきらめないで】ムーシールドを外してしまいます【矯正コラム】

おはようございます。今日もお越しくださり、ありがとうございます。

今日は、ムーシールドのお悩みについて、お答えしていきたいと思います。

ムーシールドとはなんぞや?という方は、昨日の記事をご参照くださいね。

 

 

ムーシールドを寝ている間に外してしまう

やはり一番多いのが、ムーシールドをお子さんが外してしまうという問題です。

3歳~6歳ぐらいで使う装置ですので、なかなか興味を持ってもらえませんし、どうして使わなければならないのか、説明をして分かる年齢ではありません。

そのため、カンタンに外してしまう、特に寝ているときに外してしまうという相談はよく受けます。

そういったときはどうすれば良いのでしょうか。

 

 

寝る直前に着けるのはやめましょう

寝るときにすぐ外してしまうとご相談される方に多いのが、おやすみなさいを言ってから装置をつけて、すぐに布団に入るパターンです。

寝ようとしているのに、口の中に異物が入ったら、そりゃ気持ちが悪いですよね。

私たち大人も、お休みの直前にどんぐりあめを中に入れられたら、いつかは溶けると分かっていても嫌です。

 

あ、どんぐりあめってご存じですか?縁日とかで売っている、ピンポン玉とビー玉の間ぐらいの大きさの飴のことです。

私はあれを飲み込んで、死ぬかと思ったことがあります。

どんぐりあめって関東にはないと聞いたことがあるのですが…いかがでしょう。

 

閑話休題、ムーシールドを寝るときに外さないようにするためには、寝る30分以上前から装置をはめるようにしましょう。

30分以上前から装置を付けておくと、装置が入っている状態に慣れることができます。

慣れてから寝るようにすると、問題なく眠れることが多いみたいです。

ぜひみなさんも、試してみてくださいね。

 

え、そんなことでは全然効果ないけど…というお母様もいらっしゃるかもしれません。

また明日、別の考え方もご紹介しますね!

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました!

Share

CATEGORY

ARCHIVE