BLOGしょう先生のブログ

第1回【10分で完成】ブロッコリーのチーズ焼き【簡単レシピ】

おはようございます。今日はちょっと新しい企画。しょう先生の簡単レシピ、です。

 

 

歯医者がレシピ?

歯医者が料理のブログを始めるって、この暑さで頭がおかしくなってしまったんじゃないかとお思いの方がいらっしゃるかもしれません。

確かにちょっと暑くて頭がおかしくなりつつありますが、レシピを載せたのは気まぐれではありません。

 

食育という言葉をご存じでしょうか。しょくいくと読みます。

【外部リンク】食育って何?文部科学省ホームページ

詳しくは上記リンクから調べていただければなんとなくイメージが分かると思います。

 

何を食べるのか?どうやって食べるのか?など、さまざまな食の教育と捉えていただくと良いかと思います。

物を食べるときに使う、大切な器官の1つが「歯」です。

 

歯科医院は食育の一部の役割を担っている部分もあるのです。

その証拠に、管理栄養士を常駐させている歯科医院も多いんですよ。

残念ながら当院にはおりませんが…

 

食と歯医者の関係、少しは感じていただけたかと思います。

さて、前置きはこのぐらいにして、ここからはさっそく写真のメニューをご紹介します!

しょう先生の料理のモットーは「簡単ごはん」ですので、どうぞお気楽にお付き合いください!

 

 

準備物

ブロッコリー:耐熱皿に入るだけ

オリーブオイル:ブロッコリーにかける分だけ

チーズ:好きなだけ

 

 

作り方

①オーブントースターを1000wで温め開始する(7分ぐらい)

②ブロッコリーを切り耐熱皿に乗せる

③オリーブオイルを上からかける

気持ち多いかな?ぐらいがお勧めです

④チーズを上からかける

かなり多いかな?ぐらいのほうがおいしいです。

⑤オーブントースターに入れる

タイマーは残り5分ぐらいになっているはず

やけど注意!

⑥5分ほど、焦げ目がついたら出来上がり!!

これまたやけど注意!!

 

 

アレンジ

味のしっかりしたものが好きなお子さんにはマヨネーズがおすすめです。

チーズをのせた後にマヨネーズをのせてオーブントースターに入れると、より塩味が強くなります。

ちょっと甘みが欲しい、色味がほしいお姉さんには、トマトケチャップの後掛けがおすすめ。

大人のスパイシーさを求めるお母さんは、完成後に黒コショウを一振りなんていかがでしょうか。

ビールのつまみとして楽しみたいお父さんは、オリーブオイルを多めにして、ニンニクを混ぜるとアヒージョに。

いろんな楽しみ方ができますね。

 

 

ブロッコリー茹でないの?

そうなんです、このレシピではブロッコリーを茹でません。

だってめんどうじゃないですか。

あ、いけない、心の声が出てしまいました。

 

茹でないことによって、2つのメリットがあります。

 

1つ目は、ブロッコリーに豊富に含まれるビタミンCが流出しないってところ。

茹でてしまうと、水溶性のビタミンCは流れてしまいますので、そのまま食べるのがお勧めです。

オーブンで温めているのと、オリーブオイルを吸収しやすいので、そこまで硬くないですよ。

 

2つ目は、歯に良いこと。

そう、これが大切なんです。よく噛むことは、歯に良いことなんですね。

茹でてクタクタになったブロッコリーでは、あまり噛む必要がありません。

生に近い状態のブロッコリーを噛むことで、歯にとっても良い食事になります。

 

 

簡単・楽しいレシピをお届けします

いかがでしたでしょうか。

今日のレシピは朝の忙しい時間にも使えますし、夜の晩酌にもぴったり。

簡単で応用の効くレシピです。

タンパク質やビタミンが豊富なブロッコリーをよく噛むことで、お子さんの歯にも良いメニューになります。

ぜひ作ってみてくださいね。

 

おいしい、カンタン、そして歯に良いメニューをこれからもお届けしたいと思いますので、ぜひ楽しみにしていてくださいね!

といっても、そんなに料理が得意なわけではないので、次がいつになるのかは、私にも分かりませんが。

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました!

Share

CATEGORY

ARCHIVE