BLOGしょう先生のブログ

乳歯の生えかわりについて(前歯編)

おはようございます。今日もお越しくださり、ありがとうございます。

乳歯が抜けていないのに、永久歯が生えてきた

友人から子どもの歯の写真が送られてくる時は、だいたいこのパターンです。

今年に入ってから、すでに2件のLINE相談がありました。それだけ気にしているお父さん、お母さんが多いということですね。

特に、前歯が生えかわる頃は目立つので、気になる方が多いようです。

焦らなくても大丈夫

結論から先に言いますと、乳歯が残っているのに永久歯が生えてきたこと自体は、それほど焦らなくても大丈夫なことが多いです。

ただ、一度歯科医院で診てもらうと良いでしょう。抜けていない乳歯を早く抜くのか、抜かないのか?という議論をするというよりは、将来的に矯正が必要なのかや、どのタイミングで乳歯の抜歯も含めたアプローチをするのかなどを検討していくことに意味があると思います。

発展途上国ではすぐ抜く?

友人から、海外で子どもを歯科に受診させたところ、すぐに抜かれたと聞いたことがあります。

医療が発展していない国、また患者様自身の歯科治療に対する教養が少ない国ですと、抜いた方が痛みも取れるし、歯医者は歯を抜けばお金にもなるし…お互いに良い関係になると安易に考えてしまう国もまだあるようです。

乳歯の前歯に関していえば、ほとんどの場合で抜いても問題ないことが多いですが、やはりお子さんの歯医者に対する恐怖心などを考えると、そのお子さんごとに考えながら、歯を抜くタイミングを見計らってあげるのが良いのではないかなと思います。

いつもテレビなどで気になるのですが、

すぐ抜く=悪

できるだけ抜かない=善

のような、短絡的なまとめ方には疑問を感じます。

もちろん抜かなくて良いなら抜かないですが、中には抜いた方が良い場合もあります。

このサイトも含めて、あまり偏った知識を仕入れすぎず、専門家の意見に耳を傾けてくださいね。

Share

CATEGORY

ARCHIVE