BLOGしょう先生のブログ

第1回【分かってはいる】それをやるかはあなた次第【人生の気づき】

おはようございます。毎朝7時に更新中のしょう先生のブログです。今日もお越しくださり、ありがとうございます。

今日は、昨日の記事の続きを書こうと思っていたのですが、私が通っているジムで、1つの学びがあったので、それをみなさんとシェアしたいと思います。

 

 

毎日ストレッチをしています

私は23歳ぐらいからテニスで痛めた腰が完治せず、ずっと腰痛に悩まされています。

整形外科に行っても手術するほどではないと言われたのですが、ひどいときはベッドからトイレまで行けないぐらい痛みます。1か月以上続くときもあるので、地獄です。毎日タクシー通勤で、必死に生活していたこともあります。

そんな腰なので、朝晩に入浴と、寝る前にストレッチをしています。ストレッチは毎日20分ほど、長い日は1時間ぐらいやっていますが、一向に柔らかくなる気配がありませんでした。

どのぐらい硬いかというと、長座(足を前に伸ばして座る座り方)をすると、後ろにひっくり返ります。あぐらはできません。そんな硬さです。

ちなみに全く関係ないのですが、肩の関節だけは柔らかく、背中で両手を上向きに合わせて、いただきますのポーズができます。あ、どうでも良いですね。すみません。

 

 

パーソナルジムで腰痛予防

私は前職を退職した時に、絶対にジムに行く!と決めていました。腰痛を何とかしたかったのです。整形外科で手術をするほどではないのなら、体を鍛えよう、整えようと思っていたんです。

そこで、タイミングよく自宅の郵便ポストに入っていた新規オープンの広告を見て、パーソナルジムに入会しました。

昔大衆ジムに入会したことがあったのですが、何をして良いか分からず、あまり効果が出なかったので、今回は個別指導のジムにしようと思い、奮発しました。

値段は安くないですが、将来の健康への投資と思えば、良いものではないかと考えました。

 

 

股関節が硬い

いろいろと体を動かしながら見ていただいて、トレーナーの中辻さんから言われたのが、「上半身が特に弱い。」「股関節周りが硬い。」ということ。

おそらく衝撃のへなちょこ度合だったと思います。

正直、「このヘタレが!」と罵倒されることも覚悟していたのですが、そんなこともなく、優しく論理的に指導してくださいました。

そして、腰痛予防のため、いろんなメニューを実施してくださいました。

股関節を動かす練習、股関節周りの筋肉を鍛えるトレーニング、股関節周りの筋肉のストレッチ。いろんなことを毎日ちょっとずつこなしました。

 

 

筋肉を伸ばす、ということに対して、1つの気づき

私は体が硬すぎるので、いつもストレッチをすると、筋肉がちぎれるんじゃないかなと思っていました。

伸びないのです。

例えると、長年使い古した、劣化したゴム。伸びずにちぎれますよね。あんな感じで、パチーンと切れるんじゃないかと、いつも思っていました。

そして、それを克服しようとそれ以上に頑張ると、吐き気がすることもありました。しかし、今回太ももの裏を伸ばすストレッチで1つのアドバイスをいただきました。

「太ももの裏側の筋肉は大きいので、ひざに近いところと、股関節に近い部分と、別々に伸ばしてあげると良いですよ。」と。

そして、別々に伸ばす方法も教えてもらいました。

私も歯科医師なので、筋肉の起始・停止(筋肉の始まりの部分と終わり部分)などは一応学生時代に勉強したのですが、それぞれを別々に伸ばすという発想はなかったので、とても新しい刺激でした。

 

家に帰ってちょっとずつストレッチを繰り返した

せっかくの新しい気づきだったので、帰ってからも少しずつそのストレッチを繰り返しました。最初はつまさきを手でつかむなんて全然無理で、むしろ膝ぐらいに手を添えるので精一杯でしたが、少しずつ筋肉が腐ったゴムから、普通のゴムに変わっていく感覚がありました。

もしかしてこれなら変われるかも?

そう思ったので、毎日朝・昼・晩と3回ストレッチをするようになりました。もも裏ストレッチ専門のYouTube動画があったので、それを見ながら伸ばしていました。

1回7分の動画です。その結果、今ではストレッチをすると、つま先に触れられるようになりました!!

 

 

成果を報告して、言われたこと

つま先に触れられるようになったのが嬉しくて、トレーナーの中辻さんに報告しました。

「いいですね!」とほめてもらえたのですが、それと同時に、こんなことを言われました。

 

「1回7分の動画で、それを3回やれば21分。1日たったの21分でも、それをできる人はすごく少ないです。

時間がないなんてことは絶対ないはずなんです。ちょっと携帯見ている時間だけでも、20分はあるはず。その時間を使えばできる。

つまり1日21分は、その気になれば誰でもできる。でも、それをやる人はすごく少ない。やるかやらないか、それは自分次第なんですよ。」

 

 

やるかやらないか、それは自分次第

なるほどな…と思いました。1日21分って、ちょっとした時間ですよね。でも、そのちょっとした時間をどう使うかって、本当にその人次第。

時間がなくて…ってつい言ってしまうけど、本当に時間がないのでしょうか?

結局時間がなくてできないのではなく、自分の心の中で、やる気がないだけではないのか、そう思いました。

 

これは、ストレッチに限らず、何事に関しても共通して言えることですよね。

時間がないは一番簡単に言える口実。そして、誰からも否定されにくい口実。

でもその言葉を多用して、「やらない」という選択をするのは、自分の可能性を狭めてしまっているのではないかなと、今日感じました。

言われたことを愚直にやるのか、時間がないと言い訳してやらないのか。

 

その選択は、あなた次第。

私は、目標に向かって、ちょっとずつ頑張る道を選びたいと思います。

Share

CATEGORY

ARCHIVE