BLOGしょう先生のブログ

第2-5回【おすすめ】インビザラインのメリット【矯正コラム】

おはようございます。今日もお越しくださり、ありがとうございます。

昨日は予約投稿の日付を間違えてしまっていたため、更新が夜の23時になってしまいました。楽しみにしてくださっていた方、申し訳ございません。

今日も引き続きインビザラインのメリットについて、書いていきたいと思います。

第2-1回から読む方はこちら

 

 

出張の多いビジネスマンに強い味方

お仕事をされている方で、急な出張が多い方もいらっしゃるかと思います。

矯正治療の装置確認は原則月1回、約4週間に1回の通院です。お越しいただくたびに、装置のトラブルや歯の動き方に異常がないかを確認しています。

ですが、「急に来月1か月だけ海外に行かないといけなくなった」など、予定通りの来院が難しくなる時があるかもしれません。

そんな時、インビザラインであれば、マウスピースをしっかりと使い、交換していただければ海外にいても治療を進めていくことができます。

ただし、長期間チェックしないと、大きなずれが生じてしまうことがありますので、自己判断せず、必ず歯科医師にご相談くださいね。

 

部活に燃える学生に強い味方

部活動をされている学生さんから、「来月の部活の予定がまだ出ておらず、予定が分からない」という声をよくいただきます。

矯正治療は月1回なので、来月の予定を取ってお帰りいただきますが、新しい月になって急遽部活の試合が矯正予約日に入ってた!!という悲しい出来事もしばしばあります。

そういったときも、インビザラインであればマウスピースを交換していただければ治療は進みますので、少し予約をずらしても対応が可能です。

ただし、これも限度がありますので、毎回同じ理由で治療を延期してはダメですよ。

 

たまに確信犯で毎回治療を延期する方がいらっしゃいます。

そういうお子さんはたいがい装置もちゃんと使っていないので、マウスピースが合わなくなって装置を作り直すことになり、結果的に治療期間が長くなるという悲しい結末になります。

 

 

来院間隔に多少融通が利く

上記2例以外にも、なかなか予定が読みづらい方は多くいらっしゃるかと思います。そういった方に、インビザラインは特におすすめです。

もちろん、何度も書いております通り、きちんと通っていただかなければ、良い効果が得られなかったり、途中でマウスピースが合わなくなってしまうので、歯医者に行かなくても治る!ということではないです。

その点だけは覚えておいてくださいね。

 

今日もお越しくださり、ありがとうございました!

最近ブログの分量が減っているので気になっている方がいらっしゃるかもしれません。

今週は特に患者様が多く、あまりブログにゆっくりと時間が割けませんでした。

また落ち着いたら、しっかりと更新しますね。

Share

CATEGORY

ARCHIVE