BLOGしょう先生のブログ

第19回【よく聞かれる】先生はお休みの日は何をしていますか【矯正コラム】

おはようございます。みなさま連休を楽しくお過ごしでしょうか。

あと5か月でクリスマスイブですね。唐突に言ってみました。特に意味はありません。

今日は、私がよく聞かれる質問について、お答えしたいと思います。

 

お休みの日って何してますか?

診療時間が不規則で、私の生態が不明なせいか、友人とこんな会話をよくします。

 

友人「今日は診療?」

私「ううん、休み。」

友人「何してるん?」

私「うーん。仕事。」

友人「え?休みちゃうん?」

私「(…いつも聞かれるねんなあ…)」

 

 

診療をしていなくても、仕事をしています

歯医者の診療時間=仕事時間と思われている方って多いんです。

でも、そんなことはありません。

 

これは、私の最近のとある休日のメールボックスです。

このメールの中にある「クリンチェック」というのは、インビザラインの治療計画ができましたよ!!というメールなんです。

 

インビザラインでは、コンピューター上で治療計画を立てます。

コンピューター上で歯を動かすシミュレーションをするのですが、作られたシミュレーションを見て、「もう少し前歯をゆっくり動かしてほしい」とか、「もうちょっと後ろの方に歯を動かしたい」などと微調整の指示を出します。

すると、インビザライン社で修正がなされ、それがまた私のところに返ってきます。

返ってくると、このように私にメールが届くという仕組みになっています。

10:34

10:35

10:37

11:18

16:04

16:33

17:07

こんな感じで、次々と修正したデータが返ってくるので、それを見て、また修正をして…を繰り返しています。

 

 

返ってくるまでに数日かかります

ちなみに、このメールで受信しているのは、全て異なる患者様のデータです。

一度修正を依頼すると

私→通訳→外国の技術者→通訳→私

となるため、数日はデータが返ってきません。

数日経つと考えていたことを忘れてしまうので、できればもっと早くデータが返ってきてほしいなと思うのですが、それはこれからの進化に期待です。

 

 

休みの日じゃないとできないこと

診療をしながら、治療計画を立てようとすると、どうしても集中できません。

そのため、休みの日に静かな空間でデータと向き合い、治療計画を立てています。

 

私は週5日診療をしておりませんので、休みの日にこうやってデータと向き合うことができています。

でももし週5日医院を開けたら、納得のいく治療計画は立てられるか不安です。

もちろん、あっさりとした、軽い治療計画を立てるだけなら、それほど時間を必要としないかもしれません。

そして、その手抜きは患者様には分からないかもしれません。

でも、ここで手を抜いてしまうと良い結果が得られなくなってしまうので、私はそれは嫌だなと思います。

 

 

まとめ

皆様に見えないところなので、なかなかご理解いただけない部分ではありますが、少しでもエラーを少なくするために、お休みの日に仕事をしています。

診療時間=仕事時間ではないこと、知ってもらえると嬉しいです。

今日もお読みくださり、ありがとうございました!

Share

CATEGORY

ARCHIVE