BLOGしょう先生のブログ

第4回【感染予防】仕事仲間が増えました【院内ツアー】

おはようございます。今日もお越しくださり、ありがとうございます!

今日は私が最近悩んでいたことについて、解決してくれるかもしれない仕事仲間が増えましたので、ご紹介したいと思います。

 

 

待合室のお掃除

当院では床のお掃除をルーロというお掃除ロボットにお任せしています。

結構優秀で、すみずみまでお掃除する働き者なのですが、待合室に関してだけ、少し悩みがありました。

 

それは、

・医院マスコットであるきりんさんやワンちゃんなど、患者様が触れることのできる動物のお掃除ができない

・床が特殊なカーペットなので、きちんとお掃除できているのかが不安

 

おそらくこんなご時世でなければ気にも留めないことです。

でも、しっかりとした感染対策が必要とされている今、きちんと考えておくべきことではないかと思っていました。

かといって有効な手段も分からず、悩んでいました。

 

 

もちろん待合室から動物を撤去してしまえば良いのですが、動物たちはお子さんにとって大きな癒しとなっています。

一時期撤去していた時も、「今日はあのワンちゃんいないの?」と聞いてくるお子さんは多かったんです。

歯科医院は多少なりとも緊張する場ですので、できれば置いといてあげたいと思いました。

 

今は、待合室に消毒液を設置し、手を消毒してから触ってもらうようにしています。

ただ、それだけでなく、ぬいぐるみ自体も除菌できないかな…と思っていました。

 

強力な助っ人に来てもらいました

そこで、今回来てもらった助っ人が、こちらです。

こちら左手の白い機械が、今回来てくれた紫外線除菌ロボットの「ロックボット」さんです。

右手にあるマウスの1周り大きいぐらいの、小型のロボットなのですが、紫外線UVCライトで細菌、ウイルスを除菌し、ダニや害虫を除去することができるそうです。

ルンバやルーロのようにうろうろと歩き回り、紫外線を照射してくれます。

 

 

床も、床以外も

ロックボットさんは床の紫外線照射であれば、自動で動き、全てやってくれます。

そして、ロックボットさんのもう一つの魅力は「手で持っても使える」という点です。

例えばきりんさんに

こんな感じで紫外線を照射することもできます。

「あ~そこそこ、そこが凝るんよ。子どもたちすごい体重かけてくるから」

きりんさんの声が聞こえてきそうです。

また、ワンちゃんも

 

こんな感じで除菌しています。

 

 

完ぺきではないけれど

紫外線UVCによる除菌がコロナウイルスに有効かどうかは、まだ分かりません。

一体何秒当て続けたら除菌が終わっているのか(効果がでているのか)も分かりません。

 

ただ、それでも導入に踏み切った理由が2つあります。

 

1つ目は、紫外線殺菌灯は医療現場で昔から使用されているということ。

2つ目は、仮に効果がなかったとしても、紫外線を照射した部分に触ることで患者様が病気になったりアレルギーになるなど有害な影響を及ぼす可能性が低いこと。

この2点の理由から、ロックボットさんにお手伝いいただくことにしました。

 

 

みなさんの健康を陰で支えます

紫外線UVCライトが直接目に入ると有害なので、みなさんがお越しの間に待合室で作動していることはありません。

みなさんがお帰りの後に、こっそりと医院を除菌してくれます。

 

ほんの少しかもしれませんが、みなさんに安心をご提供できればと思っています。

みなさまどうぞ、今後ともロックボットさんをどうぞよろしくお願いいたします!

Share

CATEGORY

ARCHIVE