BLOGしょう先生のブログ

240年に1度のご縁を大切に

こんにちは!

しょう先生のブログへお越しくださり、ありがとうございます。

今日は六甲ライナーから大きな虹が見えました。

曇りガラスごしの撮影なので鮮明さに欠けますが、実物はとってもきれいでした。

さてさて、今日はちょっぴりスピリチュアルなお話をしたいと思います。

 

 

マイブーム

最近は、テレビをほとんど見なくなり、YouTubeをよく見ています。

テレビを見ていると痴漢のニュースや殺人のニュース、自らの人生には関係がないにも関わらず、負の刺激が強い情報を多く目にするため、何だか無意識の部分が疲れてしまいます。

また、冒頭の5分が同じことの繰り返しで無駄だったり、CMを挟み無駄に引っ張るので、時間の無駄遣いだと感じます。

 

一方YouTubeだと、自らの気になる動画だけを見ることができるので、精神的に楽です。

 

 

おすすめ動画

YouTubeには、どのようなシステムかは分かりませんが、おすすめ動画がピックアップされています。

その中に、珍しく「星占い」の動画が上がっていました。

 

占いと言えば、学生時代、毎朝めざましテレビの占いを見ていたぐらいしか記憶がないのですが、ちょっと気になって動画を見てみました。

 

 

しょう先生の星占い結果

2020年つまり今年の秋分の日(9/22)から冬至(12/21)までに焦点を当てた星占いだったのですが、こんなことが言われていました。

 

今年の冬至は

20年に1度のグレートコンジャンクション

240年ぶりのミューテーション

この2つの節目が重なり、大きく時代が変わる時なんだそうです。

 

240年に1回って、240年前も同じこと言ってたんか?と疑問に思いましたが、まぁそれはさておき、そういうとても珍しい時期なんだそうです。

 

そして、私の星座は

・人生の変革がスムーズに起こりやすい時

・変化を調和に満ちたエネルギーに変換しやすい時期

・あらゆるものが、入れ替わる時

・人間関係や肩書、役割を入れ替えることを躊躇わないのが吉

とのことでした。

 

また、それを踏まえて

・ものごとをもっと広げるにはどうしたらよいか

・何が自分にとって/世界にとって理想なのか

・より広い場所へ、より高い理想へと自分を変革、進化させていくことがポイント

3ヶ月の伸び具合が、来年の開花度合いを決める

・どんな理想を広げていきたいのか、洗い出しておくと良い

具体例)自分の持っているメディアを拡大させる、出版、海外進出

というお話を先生がされていました。

 

 

えっ、当たってる!

今回、この占いを聞いて、驚きました。

9/22からの占いなので、すでに2ヶ月が終わっています。

この2ヶ月で私が行ったことを、占いのアドバイスと比較してみますと

 

・あらゆるものが、入れ替わる時

・人間関係や肩書、役割を入れ替えることを躊躇わないのが吉

①スタッフの歯科衛生士が結婚により退職した

②別の歯科衛生士が(求人も出していたわけでもないのに)3名入社してくれた

③さらに別の歯科衛生士が見学に来社してくれる予定

 

 

・ものごとをもっと広げるにはどうしたらよいか

④一旦自分の考えを整理するために、毎日更新のブログやInstagramをお休みしてみることにした

⑤医院の駅看板を増やし、皆さんに三川矯正歯科の存在を知っていただける機会を増やした

 

 

・何が自分にとって/世界にとって理想なのか

SDGsに取り組むことにした

⑦チャリティー活動を再開した

⑧チューリップ募金に寄付をした

 

 

・より広い場所へ、より高い理想へと自分を変革、進化させていくことがポイント

YouTubeを始めることにした

⑩診療椅子を2台から3台に増やす決断をし、購入した

 

 

占いで、言われていることなどつゆ知らず、順調にことが運んでおりました。

まさに

・人生の変革がスムーズに起こり

・変化を調和に満ちたエネルギーに変換

している状態でありました。

 

占いって、すごいなと思いました。

また、自分が今していることも肯定されたようで、嬉しい気持ちになりました。

これからも今の決断が間違いでないと信じて、進んでいきたいと思います。

 

 

余談

幼少期は占いとは、胡散臭いものだと思っていました。

でも、そう思っている割には、歴史の本で卑弥呼にちょっと憧れたりして、興味を持っていました。

小学校の時はトランプ占いの本とかで、占いの練習をしたこともあります。

記憶力がないので、それぞれのトランプの意味を覚えられず、挫折しました。笑

 

 

もう少し大きくなってからは、占い全否定派でした。

その大きな理由が「占う人により、答えが違うから」です。

本当に占いが正しいのであれば、誰が占っても、同じ結果ではないか?と思っていたのです。

 

しかし、ある時、何かのきっかけで、こんな話を耳にしました。

『「占い」というのは、「占い師を選ぶ」「占いの店を選ぶ」時点から、始まっているのです。』

 

…なるほどなぁと。

世界の占い師が言うことはバラバラだけど、あなたがどの占い師を選ぶかの時点で、占いが始まっているから、あなたが聞いた占いには意味がある、という意見。

 

もちろん科学的根拠など皆無ですが、そう考えると、占いって1つのエンターテインメントとして、意味のあるものかもしれないなぁ。と思えるようになりました。

 

なので、みなさんも、あちこちに占いに行くのではなく、自分がコレ!と決めた占いに行き、そのお話を聞いてみてくださいね。

 

今日は歯医者のブログで、スピリチュアルなお話でした。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

Share

CATEGORY

ARCHIVE