BLOGしょう先生のブログ

歯医者でより良い治療を受けるための3つのポイント(2)

おはようございます。今日もお越しくださり、ありがとうございます。クリスマスの飾り付けにしては珍しい色合いの電飾を見つけました。これは一体、どなたが考えているのでしょう?

さて、今日は第2のポイントについて、書きたいと思います。

【関連記事】歯医者でより良い治療を受けるための3つのポイント(1)

来院時のポイントはすごく簡単!

前回は予約時に決して唱えてはいけない呪文をお伝えしましたが、今回はもっと簡単です。

「来院前に、歯を磨いていきましょう。」

ただ、これだけです。えっ、そんなこと当たり前…と思われた方、素晴らしいセンスと教養をお持ちです。

限られた時間で、より良い治療を受けるには、必ず必要なことです。

習い事にも準備がいる

例えばピアノのレッスンに通うお子さんが、泥だらけの手でピアノに行こうとしたら、お母様はきっと叱ると思います。

「そんな汚い手でピアノ弾けないでしょ!」

それと同じで、

「そんな汚い口で治療受けられないでしょ!」

と、思っていただきたいのです。

実際には、汚い手でピアノに来た子がいたら、手を洗いに行かせますよね。私たちも、汚い口で治療に来た子がいたら、その汚れを取ります。

ただ、手洗いは1分もあれば終わりますが、口の汚れを取るとなると、5分や10分かかってしまいます。

お子さんの治療の時間は、処置内容によって異なりますが、15分〜60分程度。もし、15分の予定で、10分が汚れ落としの時間になったら…そうです、治療は5分しかないということになります。

それでは、良い治療を受けられませんよね。

私の今までの経験として、総じてしっかり歯磨きをしてくる子は、治療に時間を割けるので良い結果に繋がりやすいと感じます。

矯正のための歯磨きではありません

歯磨きは矯正治療のためだけでなく、将来の健康な歯のために、絶対に必要なことです。

少しでも良い治療が受けられるように、歯医者の前には歯磨きをしていきましょうね!

Share

CATEGORY

ARCHIVE