BLOGしょう先生のブログ

工務店の方と打ち合わせ

おはようございます。今日もお越しくださり、ありがとうございます。

いつも写真は歩きながら撮影しているのですが、少し足を止めてかがんで撮影してみました。色とりどりの花が、きれいに咲いていました。たまにはこうやって、足を止めて見るのも良いですね。

さて、今日は工務店に行ったときのお話です。

どこの業者に頼めば良いのかも分からずスタート

宮脇先生の医院にて開業させていただくことは決まりました。ただ、宮脇先生の医院は開業してからかなりの年月が経っていたことや、矯正歯科に適した医院にするため、内装をやり替えなければなりませんでした。

内装工事を経験したことがなかったので、どのような流れで、誰にお願いしたら良いのかが分かりませんでした。

そこで、昔テニスを教えてもらっていた田ノ上コーチにご相談することにしました。コーチは今、工務店をしていると聞いていたからです。残念ながら田ノ上コーチは遠方で工務店を営まれているため、改装をお願いすることは叶いませんでしたが、芦屋でお仕事をされている、TIDEの小坂さんをご紹介くださいました。

ご縁はつながるもので…

小坂さんのオフィスは芦屋にあります。大きな月の描かれた、素敵な扉を開けると、中は開放的な空間。事務所というよりは、落ち着いたカフェのような空間が広がっていました。小坂さんは頭の回転がものすごく速そうなクールなオーラで、とても緊張しました。

でも、どうやら幼少期に私とテニスをしてくださったことがあるそうで。「覚えてる?」って聞いてくださいました。ここで昔の思い出話なんてできたら最高!!と思ったのですが、すみません、覚えていませんでした。ああ、悲しい。

私は昔から人のお顔と名前を覚えるのが本当に苦手で、こればっかりは何とかしなければと思うのですが…それはさておき、そうやって昔の私を知ってくださっている方が、自分の医院をデザインしてくださるということを、本当に嬉しく思いました。

内装を決めるために、まずすること

改装をするにあたって、どんなイメージの医院にしたいの?と聞かれました。その時はまだ、全くイメージが湧いていなかったので、さっとお答えすることはできませんでした。

小坂さんは「まずは、どんなイメージにしたいかを知りたいから、街を歩いていて気になる風景や気になるお店があったら、写真を撮ってみようか」とアドバイスしてくださいました。

なるほど…イメージの共有が大切なのか。手始めの一歩が分かったので、その日から、気になる風景などを写真に撮り始めることにしました。

Share

CATEGORY

ARCHIVE