BLOGしょう先生のブログ

第37回【どこまでOK?】矯正治療中の飲み物について【矯正コラム】

おはようございます。きょうもお越しくださり、ありがとうございます。

今日は、矯正治療中の飲み物について、綴りたいと思います。

 

 

矯正治療中でも好きな飲み物が飲めます

「矯正治療中に何か飲みたくなった時、飲んでも良いのでしょうか?」

これは、最初によく聞かれる質問です。

飲み物は好きなものを飲んで構いません。

ただし、注意点があります。

 

 

糖分を含む飲み物はほどほどに

矯正治療中は、歯磨きが難しくなります。

糖分が多い飲み物は虫歯リスクを高めてしまいますので、ほどほどにしておきましょう。

「ほどほど」とはどの程度でしょうか?

 

もう少し具体的に書きますと、

・ちびちび、だらだらと飲まない

・できれば食事の時に(食後に)飲む

・飲み終わったら口をすすぐ(歯磨きができればなお良し)

といった心がけが大切です。

 

これはもちろん、矯正中でない方にも共通して言えることなのですが、特に矯正治療中の方は意識するようにしましょう。

 

 

体に良い飲み物でも、虫歯になることがあります

普段意識していないと、なんとなく健康に良さそうな飲み物をつい口にしてしまいますが、その飲み物が安全とは限りません。

健康的なイメージの飲み物にも糖分が含まれていたら虫歯リスクがあります。

スポーツドリンクやヤクルト、牛乳、ミロなどは健康的な飲み物と思ってしまいますが、虫歯菌にとっても栄養になってしまいますので、気を付けましょう。

 

スポーツをしているお子さんは、脱水症状防止でスポーツドリンクを休憩ごとに飲んでいると思います。

実はこれもかなり危険です。

 

スポーツ中はお口も乾いてしまいます。

糖分が豊富にお口にあり、なおかつ乾いていると、虫歯菌にとってとてもよい環境になってしまいます。

可能であればお水も一緒に持っていき、スポーツドリンクを飲んだ直後、休憩の最後にお水を飲みましょう。

気休め程度ですが、口の中に残る糖分を減らせるのではないかと思います。

(これは医学的に良いと発表されているわけではないのですが、私は気休め程度にそうしています。)

 

 

お酒に潜む虫歯リスク

特にお酒が好きな方は、ちびちび、だらだらと飲んでしまうことが多くなりがちです。

たまにみんなと飲み会をする、という程度でしたら良いのですが、毎日お家で長時間晩酌をしている方は特に注意しましょう。

最も危ないのが、酔っ払って歯磨きもせず寝てしまった!!ということ。

お酒を飲んでも虫歯菌は酔っ払いませんので、しっかり活動してしまいます。

歯磨きを忘れないように気を付けてくださいね。

 

 

お茶なら飲んでも大丈夫?

お茶には糖分が含まれていませんので、飲んでも大丈夫です。

もちろん、お砂糖たっぷりのペットボトルの紅茶(ストレートティー)などはお気を付けください。

 

マウスピース型の装置を使用している場合は、外して飲むことをお勧めします。

お茶は虫歯のリスクにはなりませんが、着色の原因となってしまうことがあります。

これは、ブラックのコーヒーでも同じです。

 

 

やっぱりお水が一番

こうやっていろいろなことを考えると、お水が一番無難ですね。

お水はちょっと味気ないかもしれませんが、健康にもきっと良いはず。

矯正を機に、たくさん摂取していたジュースをやめる習慣をつけるのも、良いかもしれませんね!

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました!

Share

CATEGORY

ARCHIVE