BLOGしょう先生のブログ

キャッチコピーを考えました

おはようございます。だいぶひんやりとしてきましたね。それでも12月としては、まだまだ暖かいのかなと思いますが、みなさま風邪などひいていませんか?

みなさんに伝えたいことって何だろう

六甲アイランドの中心、アイランドセンター駅に医院の看板を出すことになりました。

看板のデザインを、イラストレーターのイヌブシユウスケ君と考えていたのですが、話の流れから、キャッチコピーを看板に入れることになりました。

キャッチコピーなんて、小学校か中学校の授業で考えたきり、考えたことがありません。ぼんやりと考えていると、「あなたの街のホットステーション」という昔のキャッチコピーが浮かんできました。

あかん、これではコンビニになってしまう。

そう思うのですが、一度浮かんでしまうとそれが頭から離れません。

医療機関なので、あまりに刺激的なコピーでは法律的にもだめですし、患者さんに嘘をついてしまうことになります。みなさんに伝えたいことは何か、よく考えることにしました。

笑顔を作る仕事 + 歯の機能向上

矯正歯科治療は、笑顔を作る仕事です。私は幼少期、笑顔で写真に写ることが苦手でした。気兼ねなく笑顔ができるようになれば、笑わない毎日よりも、ほんの少し楽しく毎日を過ごすことができます。私がみなさんの笑顔を作るお手伝いができれば嬉しいと思っています。

ただ、矯正治療にはもう1つの大切な側面があります。それは、歯の機能的な向上です。歯ならびが良くなれば、しっかり噛むことができるようになります。また、歯磨きもしやすくなります。矯正歯科治療を行うことで、歯が長持ちする手助けをすることになります。

私が言う笑顔とは、「見た目が良い」という1面だけでなく、将来みなさんがおじいちゃん・おばあちゃんになっても、おいしく食べ物を食べて、楽しく笑って暮らせる、つまり「笑顔になる」ことも含んでいます。その側面も、キャッチコピーに入れておきたいと思いました。

ただ、想いが強くなればなるほど、文章が長くなりますし、ただのお手紙になってしまいます。キャッチコピーにするため、ぎゅっとまとめていくとどうなるか…

悩みに悩んだ結果、こんなキャッチコピーになりました。

いつまでも素敵な笑顔を

いつまでも、という5文字に、おじいちゃん、おばあちゃんになっても自分の歯でおいしく物を食べ、楽しく暮らしてほしいという想いを集約しました。

完成したキャッチコピーだけを見ると、ありきたりな言葉だなって気もします。でも、少なくとも私にとっては、愛着の湧く言葉となりました。

みなさんにも、いつまでも素敵な笑顔でいてほしいと思います。

Share

CATEGORY

ARCHIVE