BLOGしょう先生のブログ

「矯正歯科」の看板について

おはようございます。今日もお越しくださり、ありがとうございます。今日は先日患者様から質問をいただいた「歯科の看板」について、お話したいと思います。

看板に何でも書いて良いわけではない

みなさんは、目の症状の時は「眼科」、子どもが風邪をひいた時は「小児科」を受診されると思います。この、皆さんにお知らせする看板に掲げてある診療科目は、医療法という法律で定められています。

定められている標榜診療科は33種類で、それ以外の科目を勝手に看板に出してはいけません。

「今日も元気科」

「ちょっと体調悪いんじゃ内科」

などと書くことは法に触れます。ま、そんな人はいませんが、でもちょっと笑って元気になれるかも。ん?なれない。…すみません。

歯科における標榜診療科

歯科においては、4つの診療科があります。

  • 歯科
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • 歯科口腔外科

この4つは、歯科医師であれば自由に掲げることができます。

経験とは関係がない標榜診療科

これら看板の科目を掲げるために、特に条件はないので、例えば矯正歯科を1度もやったことがなくても、看板に矯正歯科と掲げることはできます。

ですので、看板に上記4つの診療科が併記されていたとしても、それぞれのプロフェッショナルがいるとは限らないので、ご注意ください。

明日はもう少し詳しく、それぞれの科について説明したいと思います。お楽しみに。

 

 

 

 

Share

CATEGORY

ARCHIVE