BLOGしょう先生のブログ

【ぜひ読んでほしい】天国と地獄から学ぶ、子どもに言ってはいけないこと

おはようございます!今日は、友人の家に遊びに行った時の話をしたいと思います。

歯医者さんなんだよ

友人には、小学校に入る前の幼くかわいい娘さんの花子ちゃんがいます。友人は花子ちゃんに私を紹介しました。

「歯医者さんなんだよ」

それだけで、花子ちゃんの顔には緊張が走りました。なぜかな?と思いました。

天国と地獄

ところで、ちょっと違う話をしましょう。

あなたは今、100歳。天寿を全うしてこの世から旅立ち、三途の河にやってきました。

そこに、白くながーい髭を蓄えて、木の杖を持った三途の河の番人が待っていました。

番人は優しい顔でこう言いました。

「あなた、今から地獄に行こう」

「今、あなたの体には前世での悪い行いがこびりついているよ。地獄に行って悪いものを取ってもらわなきゃ、治らないよ」

…そう言われて、あなたは地獄へ行く気になりますでしょうか?

なぜ、地獄に行きたくないのか?

おそらく多くの方は、地獄行きを頑なに拒むと思います。

それは「地獄は怖い」という先入観(知識)があるからです。

私たちは地獄に行ったことはありませんが

「閻魔様に舌を抜かれる」

「釜茹でのお風呂に入れられる」

そんな怖いイメージがありますよね。

怖いところに行かなきゃ、治らない!と言われても、未知の恐怖へ進む勇気は、大人でもないものです。

パパは笑顔でこう言いました

さて、花子ちゃんのお家に戻り。

私を怖がる花子ちゃんにパパは笑顔でこう言います。

「ほら、花子、先生にお口見せて」

「あ、見せないんだ、じゃあ先生に歯を抜いてもらおかー」

「花子!そんなこと言うんだったら、先生にドリルしてもらうから!」

「ドリル痛いよー」

「もうお利口じゃない子は歯抜いてもらうからね」

歯医者は怖いことをする場所だと植えつけるのは親

ここまで読まれて、多くの方はお気づきかと思いますが、花子ちゃんにとって歯医者はすでに、私たちにとっての地獄と同じ扱いになっています。

歯医者では歯を抜かれる、ドリルでうぃーんってされる、怖い、痛い。そうインプットされた子は、歯医者と聞いただけで嫌だ!と言います。

歯医者に行かないと治らないよ!と言われても、私たちが地獄に行かなきゃ治らないよ!と言われているのと同じですから、頑なに拒むわけです。

歯医者にスムーズに行けるかは、親御さんの教育にかかっている

親御さんにぜひお願いしたいことがあります。

歯医者を「罰を与える人」「天罰を下す場所」として、子どもに教育しないでください。

言うことを聞かない子に、「そんな子は歯医者に行って、ガリガリって削ってもらうからね!」とかは厳禁です。

日頃の行いの悪い子に、「そんな子は地獄に落ちて、舌を抜いてもらうから!」と言っているのと同じです。

そんな教育をされたら、誰も歯医者に行きません。

残念ながら、日本ではこのような無意識の教育が普通になっているので、歯医者を苦手とする子どもが多くいます。

子どもの怖がるきっかけを作っているのは、案外親の方かも知れません。どうぞ今一度、お子さんとの会話を見直してみてください。

 

 

 

Share

CATEGORY

ARCHIVE