BLOGしょう先生のブログ

気持ち悪い「歯型取り」をなくす

おはようございます。今日もお越しくださり、ありがとうございます。

今日の写真は、地元民の憩いの場、リバーモールです。夏場になると子どもたちが水場の周りに集まってきます。夜は外国の方達がビールを片手に夜風を楽しんでいる、そんな場所です。

歯型取りって知ってますか?

みなさんは、歯医者で歯型取りってしたことがありますか?歯型取りってとても気持ち悪いですよね。

歯型取りを知らない方のために説明すると、お口の中の型を取るために、お口の中に粘土を盛った金属のお皿を入れて、歯に押し付ける手順のことを歯型取り(歯科用語では印象採得:インショウサイトク)と言います。

お口の中に入れた粘土は最初は柔らかいのですが、時間とともに硬化し、数分で固まったら取り外すことができます。

矯正の装置を作るときや、矯正を始める時に歯型を取って、お口の中の模型を作り、その模型を見ながら治療方針を考えていくのが従来のやり方です。

歯の詰め物をする時にも型を取りますが、その場合は詰め物をする部分とその周囲だけで大丈夫です。

しかし、矯正の場合は口の中全部を複製しないといけないので、口の中が粘土でいっぱいになり、とても辛い思いをします。

【関連記事】つらい歯型取りを乗り切るための、6つの方法

歯型取りの敵、嘔吐反射

粘土が喉の方に流れてくると、一部の方は「嘔吐反射(オウトハンシャ)が起こります。嘔吐反射とは、オェーっとなるあれです。本当に苦しいんですよね。

嘔吐反射は加齢とともになくなる方が多いのですが、中にはずっと残る方もおり、その方々は歯型取りが非常に苦痛となります。

一般的に、歯ブラシをしていて奥歯を磨くとえずく(オェっとなる)方は、嘔吐反射があると言えるでしょう。

子どもの場合だと、そのまま本当に胃の中の食べ物を嘔吐してしまうことがあり、苦痛です。

歯型を取る時、患者さんも必死ですが、私たちも必死です。

大人はある程度吐き気を我慢できますが、お子さんの場合、突如、マーライオンの如くお口から噴射することがあります。

お子さんのお口から出る噴水をバケツで受け止めたり、背中をさすってあげたりして、慰めながら型を取らなければなりません。

患者さんのお洋服も汚れますし、スタッフも汚物にまみれてしまうことがあります。

大変なので、かわいそうに思うこともあるのですが、必要なものですので、私たちも根気強く頑張ります。

そんな歯型取りに革命が!!

歯型取りはお互いにとって大変だったのですが、今はその回数を劇的に減らすことができるようになりました。

「口腔内スキャナー」の登場です。

スキャナーとは、スキャンする機械のことです。

カメラをお口に入れて撮影をすると、お口の中の情報がモニターに送られ、画面上でお口の模型を見ることができます。

今のスキャナーは、撮影した画像が立体になります。

デジタル画像なので、回転させたり、拡大することもできます。本当に素晴らしい機能です。

これを使うことで、歯型取りは一部の装置や、どうしても必要な場合のみで良くなりました。それ以外は全てスキャンでまかなえるようになってきたのです。

みなさんがオェーっとなる負担を減らすことができており、今のところ当院でマーライオンのようになった方はいらっしゃいません。

歯型取りが苦手な方には心強い機械で、お力になれると思います。ぜひ、ご活用ください。

今日もお読みくださり、ありがとうございました!

(2020年5月8日更新)

 

関連記事です。

【関連記事】第1-1回 初めての印象:嘔吐反射を克服する方法【衛生士向けコラム】

Share

CATEGORY

ARCHIVE