STAFF BLOGスタッフブログ

スタッフとの医院づくり

おはようございます。先日高層ビルの間に満月が出ていて、とてもきれいでした。今日は、医院づくりについて、少し綴りたいと思います。

白衣はスタッフに決めてもらう

開業前に決めていたことがありました。スタッフの白衣は、スタッフに決めてもらうということです。

えっ、そんなこと?と思われるかもしれませんが、女性スタッフにとって白衣は仕事着として、とても大切な物のようなのです。

昔、「中学校・高校は制服で選ぶ」なんて友達もいましたが、大人になってもやはり服は大切なのですね。

今まで勤めていた職場でも、白衣に対する皆のこだわりは強かったです。

もちろん男性も、機能性の悪い白衣の医院は総じて不満が多くありました。伸縮性のない白衣のせいで、男性はボタンがはちきれて飛んでなくなっていたり、お尻の部分が割けていたり。女性スタッフはポケットにボールペンの跡がたくさんあって、清潔感からは程遠い服だったり。

そういったことを過去に見てきたので、私は自分の白衣以外は、スタッフに決めてもらうことにしていました。

条件は「お値段以上」

最初にスタッフが提示してきた白衣は、とっても安い白衣でした。

スタッフは気を遣って安価なものを選んでくれたのですが、私にはそれを着て、楽しそうに働くスタッフの姿がいまいち想像できませんでした。

そこで、少し値が張っても良いので、気持ちが高まるものにしてほしいと言いました。

すると、スタッフが「高くてもいいなら、これが良いです~」と見せてきたのが、「ロンハーマン」というブランドの白衣でした。

私は、あまりブランドに詳しくないのですが、お値段が明らかにブランド価格でした。そこで、私は1つ条件を出しました。

「ブランドだから良いとは限らないので、試着をしてください。試着をした上で、機能性が良いのか、洗濯しても縮んだり、しわにならないのかなどをきちんと吟味してから決めてください。」と。

正直なところ、試着したら結局他の白衣とそんなに変わりませんでしたって言うかなと思っていたんですよね。

テンション高く写真を送ってくれたスタッフ

しばらくして、スタッフが実際にロンハーマンのお店に行って試着してきたと報告の写真を送ってきました。

普通のお洋服のお店に、白衣が売ってたんだそうです。

たいそう気に入ったようで、「他のとはぜんっぜん違います」「これ着て働けるんだったら、めっちゃ頑張ります~」とのこと。

機能性も良いとのことでした。いろいろ話を聞いたのですが、このお洋服を選ぶことで、そこまでテンションが上がるのなら、それは良い効果かな…と思い、買うことにしました。

今のところ、みんなが気に入って着てくれているので、嬉しいです。初心を忘れず、大切にしてほしいと思います。

Share

CATEGORY

ARCHIVE