STAFF BLOGスタッフブログ

親から言われて嫌だった言葉

おはようございます。今日は私の幼少期のお話を綴りたいと思います。

幼少期の記憶

みなさんはご自身が子供の頃のことって、覚えていらっしゃいますか?

私は小さいときの記憶が全てあるわけではないのですが、4歳、年中さんの頃から記憶があります。

覚えているのは、かくれんぼで鬼になった時のことです。

「もういいかーい」「まーだだよ」「もういいかーい」「まーだだよ」

を繰り返した結果、鬼の私がめんどくさくなり

「もういいよー!!」と言って、帰ってしまいました。

きっとあの時のおともだちは、今も茂みに隠れていることでしょう。

ずっと不快だった言葉

そんなおぼろげな記憶がある4歳から、ずっと嫌いな言葉があります。

それが、「よそはよそ、うちはうち」です。

「鬼は外、福は内」ではありません。それは節分です。

「よそ」とは、他のお宅、「うち」は私の家という意味です。

例えば…

・友達の家が海外旅行に行っているのに、我が家は行かない。

・友達の家では夜遅くまで起きていても良いのに、我が家は早く寝ないといけない。

そういう時に私が駄々をこねると

「よそはよそ、うちはうち」と言われるんです。

それが嫌で嫌でしかたがありませんでした。

この言葉が嫌な理由

なぜ、この言葉が嫌だったと思いますか?

自分の思う通りにならないから?いえ、違います。

それは、この言葉が都合よく使われており、論理に整合性がないからです。

「よそはよそ、うちはうち」と言うくせに、ある時には「たろうくんは1人でご飯作れるよ」とか、「よしこちゃんはちゃんと頼んだもの買ってこられる」とか言うんです。

それって、矛盾してますよね。

たろうくんはたろうくん、私は私です。そういう時、つまり親の都合が悪いときは「よそはよそ」と言うのに、私が失敗した時は「よその子はちゃんとできる」とか言うんですね。

だから、絶対こんな大人にはならないでおこうって思いました。

論理のつじつまが合わない大人になりたくないって思ってました。

そして、小学校の時は、反面教師だと思うようにしようって思ってました。

同じような言葉って、意外と多い

私はまだ人の親ではありませんが、歯科医師としてお母さま方がお子さんとコミュニケーションを取っているのを見て、私が小さいとき嫌だなって思っていた言葉を使う人は、結構いることに気づきます。

さすがに歯科医院で「よそはよそ」なんて言葉を聞くことはないのですが、「お兄ちゃんなんだから、ちゃんとしなさい」とか「男の子なんだから、我慢しなさい」とかはよく聞きます。

その言葉って、思っている以上に、子を傷つけているかもしれません。

使い方に気を付けて

私は、この言葉自体に問題はないと思っています。お兄ちゃんなんだから、ちゃんとしないといけないとは思います。

ただ、それなら逆に、「お兄ちゃんだから、○○していいよ」がセットにならなければならないと思うんです。

例えば

「お兄ちゃんなんだから、妹に好きなケーキを選ばせてあげなさい」と言うのなら

「お兄ちゃんだから、妹より先にゲームして遊んでいいよ」とか。

その優先順位に明確な基準があるとすれば、子どもは混乱しません。

大人にとって都合の良い言葉選びをしていないか

親にとって都合の良いときだけ、「お兄ちゃんなんだから」という言葉を使うことが、子どもを傷つけるのではないかと思います。

私はこういった言葉の問題に、小学生の時に悩みました。また、大学生になっても、「よそはよそ」って言葉を聞くたびに悲しくなっていました。

「よそはよそ」って言うなら、私は私。思うように好きにしたいと思いました。でも、好きなことをしようとすると、「よそと違うことをするな」と世間体を持ち出してくる。その矛盾がすごく辛かったです。

建設的な言葉であるようで、その定義は極めてあいまいな、感情的な言葉です。そして、感情的であるがゆえに、議論にならない、つまり、反論できない言葉でもあります。

私自身が大人になった今、ぜひ、このような言葉でお子さんをごまかし、混乱させないようにしたいなと思っています。

 

関連記事です。

「教える技術」その極意

→昔の自分の感情を思い出すことは、教えることにつながると思います。

Share

CATEGORY

ARCHIVE