BLOGしょう先生のブログ

第5回【よい香り】当院のアロマオイルについて【院内ツアー】

おはようございます。今日もお越しくださり、ありがとうございます。

今日は久しぶりに、院内のご紹介、院内ツアー記事を書きたいと思います。

 

 

当院のお子様に大人気な3つのポイント

当院では、子どもに人気のポイントが3つあります。

1つは、待合室の雰囲気。寛げる空間づくりをした結果、待合室で寝ちゃう子もちらほら…

寝そべって帰ることを拒否するお子さんもいらっしゃいます。

 

2つ目は、診療室の椅子。これは私が考えたわけではないのですが、診療室の椅子がふかふかで気持ち良いらしいのです。

「なんか気持ちいい〜」

「ここに泊まる〜」なんてお子さんも。

 

そして3つ目。それは「いい匂いがする〜」というところ。

これは、気付く子と気づかない子がいるのですが、当院ではアロマオイルを焚いています。

しかも、ちょっとその辺の100円均一で購入できるアロマオイルではなく、こだわりのアロマオイルを使っています。

今日はこのアロマオイルについて、少しお話をさせてください。

 

 

こだわりのアロマオイル

もともとは、友人がしている整骨院で薦められたアロマオイルでした。

私が腰痛持ちのため、とあるアロマオイルを処方してくださったのですが、それは「焚く」のではなく、「塗る」アロマオイルだったんです(もちろんディフューザーで焚いても使えます)。

アロマオイル=化学薬品というイメージだったので、塗って大丈夫なのかと大変びっくりしました。

また、実際に塗ると、あら不思議、腰痛が劇的に改善!!…ということはなかったのですが、その香りに癒され、気持ちがすっきりとしました。

 

 

徹底した自社での製作

このアロマオイルは、種の選定から栽培、蒸留、ビン詰めまでを全て自社でしているんだそうです。

農場からこだわって、過去に全く農薬が使われていない土地で栽培しているそうです。

香りの抽出も、低温低圧で丁寧に蒸留し、香りの成分が壊れないようにしているのだとか。

 

私はアロマオイルの知識がないので、詳しいことは語れないのですが、これだけ聞いてもこだわって作っているのがよく分かりますよね。

 

 

まさかの大量1Lボトル!

私は前職で、びっくりするようなアロマオイルを見たことがあります。

・1リットル(2リットル)入り

・食器洗い洗剤のような透明なボトル入り

のラベンダーオイルを使っていたんです。

 

 

目を疑いました。

なぜかと言いますと、いろいろとあり得なかったからです。

みなさんが目にするアロマオイルのボトルって、どんな容器に入っていますか?

基本が、ビール瓶みたいな茶色い色のガラスボトルだったり、黒や紺のガラスボトルだと思います。

そして、中身も5mlとか15mlとか、ちょっとケチじゃないか?と思うぐらい少量のボトルで売られていますよね。

 

それなのに、前職にあったアロマオイルは透明の、ガラスではない容器に、なんとリットル単位で!!

明らかにおかしいですよね。自然界の物ならば、変性している(もしくは腐っている)はずです。

これを患者様のお鼻に届けてしまうのは、いかがなものかと思いました。

 

 

こだわりの香りを皆様に

皆様には、少しでも安らいでいただくために、こだわりのアロマオイルを使用しています。

商品名(ブランド名)を書いても良かったのですが、なんだかアロマオイルの宣伝みたいになってしまうので、そこは書かないことにしました。

もし気になる方がいらっしゃいましたら、いつでも聞いてくださいね。

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました!

Share

CATEGORY

ARCHIVE