BLOGしょう先生のブログ

スタッフの意見を活かす

おはようございます。令和元年大晦日がやってまいりました。こんなに寒くなっても、赤いきれいなお花が咲いておりました。緑も少なくなってくる季節に、このような色はとても目を引きますね。

スタッフからの声

プレオープンを終えて、一緒に働いてくれたスタッフからいろいろな声が上がりました。例えば

「流しの下の排水部分は薬剤を置いておくことも多く、薬液が滴り落ちた際に汚れが目立つので、汚れる前にシートを貼ってほしい」

なるほど。普段洗い場を使っているスタッフは、そういうところが気になるんですね。スタッフには気持ちよく働いてほしいので、後日100円均一ショップにいって、シートを買ってきました。

流しの下には排水管があるので、そこは邪魔をしないように、ハサミでシートを切って、サイズを合わせて…あーでもない、こうでもない。

うん、良い感じ。

収納上手をめざして

そして、段ボールのまま片付けられていた掃除用具たちを一旦全部取り出し、本当にここに片付けるべきものだけをピックアップして。収納量に応じて、100円均一でまた棚を買ってきて。

ごそごそ、ごそごそ。

じゃーん、できました。

いかがでしょうか。

この写真の大失敗は、作業前を撮影していなかったことです。

作業前は、段ボールをそのまま突っ込んでいただけなので見た目が汚かったですし、その段ボールもここに必要のない物がいっぱいで、扉を開けたらメラミンスポンジが落ちてきそうな収納だったんです。

みなさんとあの汚さからの変化を見て、喜びを共有したかったです。

片付けのこだわり

私は片付けにポリシーといいますか、こだわりがありまして、基本的に収納部位に対して100%の詰め込みをしないようにしています。

パズルのように100%詰め込まれた収納は余裕がなく、出し入れも大変で、結果的に効率が悪くなるからです。

また、たくさん詰め込むということは、中に何が入っているのかを把握できなくなり、余分な物を重複して買ってしまったり、さらなる無駄を生みます。

また、これが何より大切なのですが、見た目の圧迫感は、心のゆとりも奪ってしまうと思います。

こうやって少しスカスカな方が、みんながゆとりある働き方ができ、結果的に患者様にも穏やかに接することができて、良い仕事につながると思います。

医院には限られたスペースしかないのですが、これからも頭を使って、物をうまく配置していきたいです。

ありがとうございました

今年のブログはこれでおしまいです。11月1日から書き続けて、ここまで毎日更新することができました。みなさんが見てくださったこと、とても感謝しています。ありがとうございます!!

よいお年をお迎えください。

Share

CATEGORY

ARCHIVE